みなさま、こんにちは!

久留米市の歯医者さん、あいかわファミリー歯科です♪


みなさまは口内に銀歯をお持ちでしょうか!?

銀歯にはいくつか種類があって、一般的な虫歯の後の詰め物に使うインレーや、大きく虫歯が進展してしまい、歯の内部まで虫歯が到達してしまった時に行われるクラウンなどの治療で銀色の金属が利用されています。これらをまとめて銀歯と呼んでいるのです♪

今回は皆さんに銀歯のデメリットについてご紹介いたしましょう♪

銀歯の素材として使われている金属は長い間使っているうちにイオンという状態になって、少しずつ溶けてしまいます。溶け出すと、やがて歯茎に色素の沈着などのトラブルを引き起こすことしてしまいます。この色素の沈着は外から見ると、黒く汚れているように見えます。この状態はメタルタトゥーと呼ばれています。

メタルタトゥーになってしまうと、解消するために歯茎の外科治療などの様々な治療を受ける必要があり、非常に厄介です。通院回数も多くなってしまいます。

ですから、外科治療を受けなくても済むように日頃から気をつけておくことが重要なのです。

最近では、銀歯を解消するために白いセラミック素材を使って治療を行うことがあり、多くの患者様に銀歯ではなく、セラミック素材の詰め物を選んでいただいております♪

銀歯が気になる方は是非一度、歯医者さんに相談してみてくださいね♪